換気扇の掃除で部屋が綺麗になる|扇の働きを人の暮らしに取り入れる

定期的に清掃

ダクトの清掃は行いましょう

目に見えない部分のダクト清掃も非常に大事です。まずダクトとは、冷暖房や換気または汚れた空気の排気などの空気を送るための管のことをいい、建築物には必ず設置されています。ダクトが無ければその建物の中で仕事や生活をすることは不可能です。このダクトにはホコリやゴミが非常に溜まります。ダクト清掃を行わなければ建物の中に送られてくる空気が非常に悪くなっていきます。空気が悪くなれば建物内部にいる人の体に悪影響を及ぼしたり、食品を取り扱っている工場では衛生面が非常に問題視されてしまいます。

ダクト清掃も自動ロボットへ

人の手でダクトの隅々までキレイにしたくても、人には限界というものがあります。清掃員の体が入らない狭い場所や命綱を設置できない場所の清掃を行うことは不可能です。しかし、清掃を行わず放置をしていればいずれはホコリやゴミが蓄積されていくので衛生的によい状態ではなくなります。その問題を解決するのがロボットです。ロボットならば人が入れない難しい場所に難なく入ることができます。ダクト清掃用ロボットにはカメラが搭載されており、そのカメラから送らてくるダクト内部の映像をもとに外部から操作を行いながら清掃を行います。現在は人間が操作を行いながら清掃を行いますが、今後はロボット自身が判断し、ダクト清掃を行うようになっていくでしょう。自動清掃ロボットが導入されれば、毎日ロボットが掃除を行っているかもしれません。